ED治療薬って本当に効くの?

現代では、EDに悩む男性が増加しています。
ストレスや加齢が原因で性交渉が難しい状態になると治療を受けることが解消への近道になります。
比較的、症状の軽いうちに受診をすることで改善も早くなります。
専門のクリニックや泌尿器科に相談をすれば、適切な投薬をしてもらうことができます。
内科でも診察をしてもらえるので、かかりつけ医に相談するのも良いです。

EDの治療薬には種類があり、症状やライフスタイルに合わせて薬を処方してもらえます。
人によっては効果に違いがあったり、副作用があります。
医師に相談する時には普段の生活も含めて詳細に症状を伝えることが大切です。
恥ずかしいと思うことでも隠さずに話しましょう。
では、病院で処方される治療薬について考えていくことにします。

ED治療薬とは

アメリカの国旗 治療薬を服用することでEDを改善できるのは、現在では多くの人が知っていることです。
治療として服用できるものが誕生したのは1997年のアメリカです。
当時は「夢の薬」や「画期的な新薬」と呼ばれ世界中から注目を浴びました。
もともとは狭心症患者の症状を改善するために開発されたものでした。
日本に流通したのは1999年で歴史は浅いです。

男性器が拡張をするのは、男性が性的刺激を受けたときに脳の命令で一酸化窒素が出て男性器に「環状グアノシン一リン酸」が増加します。
環状グアノシン一リン酸は血管を拡張させるので、海綿体に血液が一気に流れます。
そして男性器が拡張するので環状グアノシン一リン酸は血管拡張剤の働きをします。
逆に拡張した男性器を縮めるために「PDE5」が分泌されます。
PDE5が血管を収縮することで男性器の拡張が収まります。
治療薬では、この原理を利用して、血管を収縮するPDE5を抑制することで男性器の拡張を促すのです。
そのため、ED治療薬はPDE5阻害薬とも呼ばれています。

ED治療薬は心因性にも効果あり

血管を拡張させることで改善をするので、加齢や生活習慣が原因の場合にしか効果がないように思う人もたくさんいます。
しかし、ストレスなどの心因性が原因でEDになってしまった場合でも効果を発揮します。
特に若い人はストレスによる心因性が原因のことが多く、服用することでの改善が大いに可能です。
うつ病の治療薬の副作用でEDになった場合は、服用を止めないと効果は現れないので注意してください。
副作用でのEDの場合は、服用を止めると徐々に改善されることが多いです。

3大ED治療薬

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

ED改善のための薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類がありますが、種類によって効果や副作用に特徴があります。
共通していることは、1回や2回服用するだけで改善できるものではないことです。
EDの原因になっている病気や生活習慣を改善していくことも大切です。
また、服用しているからといって永遠に男性器を拡張できるわけではないのです。
年齢による体力や内臓の衰えは止めようがないからです。
ED治療薬は万能薬ではないので、すぐに効果が現れないからと諦めてしまうことは避けましょう。

症状の軽い人や若い人は服用することで比較的効果が早く現れやすい特徴があります。
糖尿病やコレステロールの値が高い人は根本になっている原因を改善することと治療薬を服用することで改善ができます。
これはED治療薬が脳の中枢に直接性的興奮を促す薬ではないからです。
あくまでも血管を拡張させて男性器が縮む酵素を抑制するのが働きだからです。
バイアグラ、レビトラ、シアリスのどの治療薬も性的興奮を受けて男性器を拡張してくれるので、性的興奮が無ければ効果を発揮できなくなってしまいます。
このことからも、依存性や中毒性の心配がなく安心して長期間でも服用できます。
改善のためにも気長に服用することが重要です。

ED治療薬の効果

治療薬の効果は症状の軽さや年齢、健康状態などによって違いはあります。
例えば、年齢が20代で身体は健康でストレスによるEDの場合は比較的早く効果が現れます。
60代で糖尿病がある人なら、効果が実感できるまでに何度も長期間に渡り服用する必要があります。
日常的に飲酒や喫煙をしている人も効果を実感するには長期間の服用が必要になります。

個人の状態以外にも治療薬の種類によって効果に違いがあります。
バイアグラ、レビトラ、シアリスのそれぞれが効果や持続時間に差があります。
しかし、効果が全く無いED治療薬はありません。
使用上の注意を守れば時間が掛かっても効果は現れます。
効果が感じられない場合は診察を受けたときに、医師に相談すれば治療薬を変えたり量の多いものを処方してくれます。

ED治療薬以外のED治療法

EDの治療では、薬の他に手術、器具の活用、心理療法などがあります。
一般的に行われているのは治療薬を処方する方法です。
それは、費用や安全性を考慮しているだけではなく効果的だからです。
手術をする場合は「ICI治療」になります。
陰茎海綿体注射とも呼ばれ、海綿体に直接血管作動薬注入します。
手術を受けた60%から90%ぐらいの人が効果を実感しています。
施術時間も短く効果が高い治療法ですが、行っている病院が少ないことと費用が掛かるデメリットがあります。
治療薬を処方してくれる病院やクリニックはたくさんあり、費用や安全性を見ても薬を服用することが最も効果的だと言えます。

自分に合ったED治療薬を選ぼう

インターネットの情報でもバイアグラ、レビトラ、シアリスの継続時間や価格などを比較していることが多々あります。
自分に合ったED治療薬を病院やクリニックで処方してもらうことが改善の第一歩になるので、インターネットの情報だけではなく診察してもらうことが大切です。
服用するだけではなく、性的興奮がないと男性器は拡張しないことも覚えておく必要があります。
服用するだけで男性器が拡張するような催淫剤ではないことを理解しておく必要があります。
服用してすぐに効果がある人もいますが、効果がなくても続けて服用していれば効果が現れます。
また3代ED治療薬にはジェネリックもありバイアグラ系では「カマグラゴールド」、レビトラ系では「バリフ」、シアリス系では「メガリス」といった薬がありますので、自分に合った治療薬を選んでください。

効果がないと思ったら

ED治療の治療効果が表れない夫婦効果がないと勘違いしてしまう人の多くは、服用に関する注意を守っていないことが原因です。
服用に関する注意事項や飲むタイミングは治療薬によって違います。
医師からの説明を理解し、疑問に思うことは聞いてみるようにすることで効果が現れます。
普段はバイアグラを服用していても、旅行などの予定があるときも医師に相談すれば効果的な服用方法や別の処方をしてもらえます。
ライフスタイルや生活習慣に合わせて処方してもらうことで、効果がさらに上昇します。
自分が服用しているのは何か、どんな注意や特徴があるのかを理解することが肝心です。
服用のタイミングひとつでも効果は全く違うからです。
EDを改善してパートナーとの楽しみを増やすためにも、ED治療薬を服用することは最も効果的な方法です。

ED治療薬の副作用

飲酒効果が高いED治療薬ですが、人によって多少の副作用はあります。
副作用と言われると服用することをためらってしまう人もいます。
しかし、どんな医療品にも多少の副作用はあります。
効果があると言うことは、裏返せば副作用もあると言うことになります。
安全性が高いことや危険性が低いことはメリットですが、副作用というデメリットを理解しておくことも大切です。
服用するときの健康状態や服用のときに他のものとの飲み合わせなど副作用が起きる原因は様々です。
自分で注意できる場合はできるだけ副作用を防げるように注意したいものです。
では、副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

副作用の症状

ED治療のために病院から処方されているものがバイアグラ、レビトラ、シアリスのどれかによっても副作用には違いがあります。
どれも依存性や中毒性のない安全なものですが、血管を拡張させる働きがあることから約90%の人が副作用を感じています。
軽い副作用では「顔のほてり」や「目の充血」、「鼻づまり」で服用している多くの人に症状が見られます。
また、「頭痛」や「動悸」、「立ちくらみ」などの血流が急に良くなることで起きてしまう副作用もあります。
人によっては「消化不良」の副作用が起こることもあります。
普段と同じ状態やタイミングで服用しても、体力が落ちていたり健康状態が良くないときは副作用を感じる場合があります。

副作用が起きたら?

副作用が起きても慌てる必要はなく、ほとんどの場合が効果が切れるとともに症状は治まっていきます。
副作用の症状があったときは、処方してくれた病院やクリニックに相談する必要があります。
症状の重さによっては量、を減らしたり別のものにしたりと対処してもらえます。
頻繁に副作用を感じる場合や症状が長引く場合は、早めに医師に相談することが必要です。

副作用が出やすいED治療薬

ED治療薬の効果にレビトラのように即効性が高いものは副作用が出やすい傾向になります。
他のものとの飲み合わせで重篤な副作用を起こすこともあります。
ニトログリセリンや硝酸剤などが含まれる治療薬を服用している人は併用を避ける方が無難です。
硝酸剤と併用をした場合、血圧が下がり過ぎて命に関わるような危険性があります。
高血圧などで血圧を下げるような薬を服用している人は、医師に確認を取ることが重要です。
自分が服用している薬や持病をきっちりと医師に伝えて確認しておくことで、危険性の高い副作用を防ぐことができます。

医師との相談を

脳梗塞や心筋梗塞で通院や入院をしたことがある人は、病院やクリニックを受診して薬を処方してもらう前に、ちゃんと医師に伝えておく必要があります。
受診した時点だけでなく、既往歴も副作用に関係することがあるからです。
血流を良くする作用があるEDの治療薬は、血圧を急激に下げてしまいます。
そのため、狭心症を引き起こしてしまうことがあります。
不整脈や腎不全の治療をしている人が起こしやすい副作用です。
いずれも医師との相談が重要です。

ED治療薬の使用上の注意

EDに悩む男性にとってED治療薬はまさに「夢の薬」です。
効果が高く、危険性も少ないことから世界的にも服用されています。
副作用に気を付けて、医師との話し合いをちゃんとすれば問題は無いにも等しくなります。
しかし、EDに効果的に作用させるには使用上の注意を守る必要があります。
使用上の注意を守らなければせっかくのED治療薬が無駄になってしまうこともあります。
では、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

服用のタイミングは大事

ED治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスが一般的に処方されていますが、服用するタイミングに違いがあります。
自分が服用しているものはいつ服用すればいいかを理解しておくことが大切です。
空腹時に服用しなければいけないものや食後服用するものなど治療薬によって違います。
空腹時に服用するものを食後に服用すると食べ物が薬の成分を吸収してしまい、身体が吸収しなくなってしまいます。
効果を実感できない人の多くが、服用するタイミングを間違えていることが原因です。

服用前に精神的に落ち込むのは良くない

若い人のEDの原因は精神的な問題であることが多いです。
ED治療薬は精神を安定させるためのものではありませんが、治療薬を服用しているという安心感から改善する人が多くいます。
しかし、治療薬に疑問があると精神的な効果が低くなってしまいます。
効果がないだろうと思って服用するのとそうでないのとでは効き目の体感に差が生まれます。
医師が相談の上で処方してくれた治療薬なので、信用して大丈夫だと思って服用することも大切です。
また、人によって効果の現れる速さには違いがあることを理解して、気長に服用するようにすることも使用上の注意になります。

持続時間を知っておこう

それぞれの治療薬の種類によって効果の持続時間にも注意が必要です。
服用してから数時間の持続時間のものもあれば24時間以上のものもあります。
自分のライフスタイルに合わせた処方をしてもらえるように、医師に詳しく伝えることが重要です。
また、効果が現れるまでの時間も違いがあります。
服用してから即効性がある方が良いのか、ゆっくりと効果が現れる方が良いのか医師との相談が不可欠です。

最も注意すべきこと

使用上の注意として最も重要なことは、副作用を起こさないようにすることです。
命に関わるような重篤な副作用を起こしてしまう可能性があることを理解した上で、医師と相談することが重要です。
治療薬によっては同じ持病を持っていても服用できるものもあります。
持病があるからと諦める必要がない人もいます。

飲み合わせにも注意

持病に加えて薬の飲み合わせにも注意をしておけば安心して服用ができます。
併用できるかどうかは医師の判断にもよるので、服用している薬があれば詳細に伝えることに注意が必要です。
使用上の注意はどんな治療薬にもあるものなので、しっかりと医師に相談して理解することが肝心です。
勝手な判断で効果が感じられないと服用する量を増やしたり、諦めたりしないようにすることも使用上の注意になります。
効果には個人差があることや服用する際のタイミングなどに注意をすることでEDを改善することができます。

ED関連新着記事一覧