彼氏や旦那がEDだとわかったら

EDでショックを受ける男性

EDという言葉は今ではごくごく一般的になっていますよね。
EDは日本名だと勃起不全という意味合いになります。
つまり性行為の時に勃起しない状態を指すわけです。

EDという言葉は知っているけど自分とは無関係だと追う男性も多いかもしれません。
しかし実際はそんなことはなく、実は男性の4人に1人が軽度、もしくは重度のEDであるという結果も出ているのです。
特に40代以上になるとこのEDに悩む人が増えてきます。
自分の彼氏や旦那が大丈夫だと思っている人も多いかもしれませんが、実は陰で悩んでいるかもしれません。

EDになって彼氏や旦那と性行為を楽しめないというのは女性にとってはかなり深刻な問題で、中には彼氏や旦那がEDになったことが原因で別れる人や、中には浮気や不倫をする女性も居るようです。
しかし、EDは対策をとることで緩和されたり完治したりするものなので、それが原因で彼氏や旦那と険悪になるのは何とも悲しい話です。
勃起不全になる原因は色々とありますが、最も大きなものとしては精神的なものが大きいです。
絶対にしてはいけないのが彼氏や旦那が本番中に勃起しなかったり中折れしなかったことに対して責めるという事です。

責められた男性はそのことがトラウマになってますます症状が重くなります。
男性は女性が思っている以上に精神的にもろく傷つきやすいものなのです。
ではどうすればいいかというと、EDになった男性は間違いなく大好きなパートナーを満足させられなかったことによって自責の念に駆られています。

行為が最期までできなかったことに対して責めたりせずにねぎらいの言葉をかけてあげることがとても重要です。
ねぎらいやいたわりの言葉をかけてもらう事で男性の心はとても楽になり、今度は頑張ろうという活力がわいてきます。
とにかく男性に自信を持ってもらうことが重要なので、時にはいつもより声を大きく出すなどして男性の行為がとても気持ちいいというアピールをしてあげることも有効です。

ED治療薬を勧めることも考えてみよう

EDの改善で特に重要なのは改善を男性側だけに任せたりせずにパートナーである女性側も一緒に協力することです。
勃起不全の大きな原因の一つとして精神的なもののほかには男性ホルモンの分泌の減少が挙げられます。
男性ホルモンは20歳をピークに少しずつ減少し、40歳になると2割から4割減少するといわれています。
この男性ホルモンを補ってやることもEDを改善させるためにはとても有効です。

男性ホルモンを増強させるきっかけになる成分を含む食材が色々とあるので、普段の料理にとりいれたりするのも良いでしょう。
また、もっと本格的に治したいのであればED治療薬やサプリメントを服用することも有効です。
しかし、女性側が一方的に進めたとしてもなかなか男性側はプライドもありますし、渋って服用してくれないでしょう。
ですから男性だけではなく、女性側も一緒に服用するようにすると治療薬を抵抗なく服用してくれるようになりやすいです。

実はこういった精力剤は男性側だけではなく、女性が服用しても滋養強壮や疲労回復に有効な成分が多く含まれているのです。
男性側が勇気をもって誘っても女性側が疲れているからと拒否されるのもまた、自信の喪失につながるので女性側はいつでも性行為が出来る体制づくりをしておきましょう。
カップルが一緒に摂取するのに適した精力剤の成分としてはマカが挙げられます。
マカは女性ホルモンを整える効果が高く、女性が摂取するにはとても適した成分です。
精神的な部分と肉体的な部分、両方から同時にアプローチをかけることによってEDは必ず改善させることが出来ます。
パートナーが悩んでいるようであれば一緒に協力する姿勢を見せてあげましょう。