精力剤とED治療薬の違い

精力剤はサプリ

男性機能が低下した時、ED治療薬や精力剤を試すと言う方が多いものです。
特に高齢化して機能低下が顕著となれば、いずれかに頼ってみようと考えるものです。
しかし、使用を考える場合には、精力剤とED治療薬の違いを知った上で、自分に適した方を選ぶ事が必要です。

まず精力剤は医薬品ではなくサプリであり、ED治療薬は医薬品であると言う違いがあります。
従って精力剤はネット通販などで自由に買えますが、ED治療薬は本来は医師の処方箋の下に使用するのが原則と言う違いがあります。
しかしED治療薬を輸入代行業者から購入する事も実際は可能です。

また精力剤とED治療薬は、機能を回復させる効果や作用も異なり、また即効性等にも違いがあります。
精力剤は、自然由来で昔から精力増強・滋養強壮として活用されていた自然由来のものに、現代の科学で下半身に有効だと知られている亜鉛などを添加したりし、飲みやすいサプリとしたものが一般的です。
この精力剤は即効性はないものの、身体を若返らせる事で男性機能の回復も図る効果が期待できるもので、長く服用する事で効果を発揮するものです。

一方のED治療薬は薬であり、しかも根本的な治療をする薬ではなく、いわゆる対処療法の薬です。
勃起機能のメカニズムである、性的興奮を脳が感じた時に、その信号が下腹部に伝えられ、局部の血流を強制的に増す働きをする事で勃起を促すものです。
従って、即効性はあるものの、ED治療薬を服用した後の何時間かの間のみ効果を発揮し、何度か服用したからと言って、根本的にEDが改善するという治療効果はありません。

こうした即効性の有無、治療のメカニズムの違いを知った上で、自分に最適な方を選択利用するのがお勧めと言えます。
また、必要性に応じて、使い分けると言う方法も良いかも知れません。
いずれにしても、精力剤はサプリで即効性はないけれど、長く服用する事でじわじわと効果が期待でき、ED治療薬は対処療法の薬であり、即効性はあるものの、根本治療の効果は期待できない点はしっかりと把握しておくべきでしょう。

精力剤とED治療薬は併用できるの?

先に記載したような精力剤とED治療薬の違いを知れば、高齢者等の中には、精力剤を服用して少しでも若返りと元気の回復を図りつつ、いざと言う時にはED治療薬を服用して対応したいと考える方も出て来るでしょう。
ある意味必要性に応じた使い分けとして理に適っています。
併用するとなると、やはり副作用が心配になります。
使い方で、何か副作用が起こる事はあるのでしょうか。

結論的には、併用しても副作用はないと言えます。
精力剤は身体全体の活力を改善する栄養成分を多く含んでおり、それによって滋養強壮・精力増強効果をもたらすもので、ED治療薬の様に、勃起メカニズムに関わる部位に何か強制的に働け掛ける対処療法的な作用を持つ成分がある訳ではないので、併用しても特に副作用の心配等はないのです。
ただ、併用か単独使用かにかかわらず、ED治療薬は循環器系の疾患を持つ人は注意が必要です。
対処療法の治療として、局部の血流を強制的に増す成分が含まれ、血管の拡張や血圧の上昇をもたらせるため、循環器系の疾患を持つ人には悪影響を及ぼす可能性があるからです。

ED治療薬には、こうした対処療法的な強力な効果がありますが、即効性をもたらすほど強力な薬である事から、本来は医師の処方箋と指導の下で服用すべきなのです。
しかし、高齢者がED傾向があるからと、医師の診断を受ける事は恥ずかしいもので、使用される場合、輸入業者から購入される方が多いものです。
こうした場合は、ネット等で十分に使用方法や副作用等について調べた上で慎重に服用する事が必要と言えます。
併用しても問題はありませんが、そもそも循環器系の疾患がある場合にはED治療薬は要注意である事を知り、賢く活用される事をお勧めします。