驚きの即効性!レビトラ

EDに悩む男性

中年以降の男性の多くが悩んでいるEDは、かってはインポテンツなどと呼ばれていた症状をさらに拡大した概念で、1990年代の後半ごろから一般的に使用されるようになっています。
これは、この時期に販売されたバイアグラという内服薬が、世界中で爆発的な人気を集めたことが関係しています。

バイアグラの作用機序は、5型Phosphodiesteraseという加水分解酵素の活性を阻害するという内容で、男性性器に直接働きかけるというわけではありません。
しかし、陰茎周辺部の一酸化窒素作動性神経に作用することで血管が拡張し、血流量が増加することになります。
これにより、性的な刺激をきっかけに、erectionできる様になります。

ちなみに、このようなバイアグラの作用は、EDの原因を問わず発揮されます。
つまり、服用すればだれでも効果を得られるということで、夢の治療薬としてもてはやされることになります。
また、服用してから30分程度で効き始め、その後5時間から6時間効果は継続します。
このために、理論上は複数回のプレイを楽しめるということになります。

一方、バイアグラのデメリットは、食事による影響を受けやすいということです。
効果をフルに発揮させたい場合は空腹時に使用しなくてはならないということになります。
栄養不良の状態でプレイに臨まなくてはならないので、十分に満足できない可能性が高まるだけではなく、身体にかかる負担も大きくなるので健康状態に悪影響を及ぼす危険があります。

バイアグラのデメリットを解消する形で、2003年にドイツの製薬メーカーから発売されたのがレビトラで、2004年には厚生労働省からも正式に承認されています。
世界で2番目に誕生したED治療薬のバイアグラの一番の違いは、食事の影響を受けにくいということです。
このために、栄養補給を十分に行ったのちに、プレイに臨むことが可能となっています。
また、効果が直ぐに体感できる即効性や長時間効き目が続く持続性においても優れた内容です。

レビトラの効果と副作用

ED治療薬レビトラの作用機序は、基本的にはバイアグラと同様で、erectionの妨げとなっている加水分解酵素の活性を阻害するという内容です。
ただし、バイアグラの欠点を改善するために開発されたとも言われているように、全体的なグレードはアップした内容となっています。
具体的には、持続性がかなり良化しているというもので、10mgで5時間から6時間、20mgでは8時間から10時間となっています。

つまり、レビトラを20mg服用した場合は、効き目が5時間から6時間とされているバイアグラの約2倍長く持続するということになります。
しかも、栄養補給を行うことが可能なので、何度もプレイを楽しみたいという人には、特におススメの内容です。
また、服用後30分程度で効き目があらわれるという即効性においても、バイアグラより若干優れていると言われています。

このように、即効性と持続性、実用性において優れた内容を持つED治療薬のレビトラは、顔のほてりと目の充血という副作用が発症します。
これは、局所の血管拡張が原因で出現するもので、時間が経過すると共に穏やかに消失していきます。
このために、これらの副作用が後遺症化するということはないので、それほど心配する必要はありません。
基本的には、これらの副作用はレビトラの効き目の現れを示すサインの様なもので、即効性が優れているために服用後30分程度であらわれます。

レビトラではこのような副作用の発症頻度は約30パーセント程度と言われており、90パーセント前後と言われているバイアグラよりもかなり低めです。
つまり、即効性と持続性という効果に関する項目だけではなく、副作用が発生しにくいということから、安全性という点でもこちらの方が優れています。