ED治療薬で失敗してしまう原因は?

お酒の影響

ED治療薬は安定した効果を出します。
服用した男性は30分前後で高い勃起力を得られ、EDの症状が緩和されていきます。
ペニスは逞しい力を復活させ、中折れとは無縁の男らしさを蘇らせます。
中折れを知らない持久力を得られ、最初から最後まで安定した姿勢をキープ出来ます。

ただ、ED治療薬を飲んだにも関わらず、ペニスがほとんど勃起せず、セックスに失敗してしまう方々がいらっしゃいます。
その原因は一体どこにあるでしょうか。
原因は色々と考えられますが、まず最初に指摘されるのは、お酒の影響です。
ED治療薬の主成分はお酒に含まれるアルコール成分に弱いです。

ED治療薬の種類に関係なく、基本的にお酒との摂取は非推奨となっています。
ビールや日本酒、ワインや酎ハイ、リキュールやカクテルには、多くのアルコール成分が入っています。
個人差はありますが、アルコール飲料とED治療薬を一緒に服用すると、高確率で正しい作用が喪失します。
少量でもED治療薬の成分がアルコールに負けてしまうため、基本的に服用なさる場合は飲酒を避けた方が無難です。

またアルコールはお酒以外にも入っている事があり、海外製のチョコレートやスイーツにもブランデーやワインといった材料が使われており、見た目はお酒ではなくても、アルコールが多く入っている事があります。
ED治療薬の主成分はお酒そのものではなく、あくまでアルコール成分に反応しますので、そういった海外製のチョコレートやスイーツにも実は注意しなければいけません。

他にED治療薬で失敗してしまう原因としては、食後という間違ったタイミングで服用した事が考えられます。
医薬品にはそれぞれベストな服用タイミングがあります。
ED治療薬は基本的に食前に飲まなければいけません。
お酒以外に、高脂質な食事がお腹の中に溜まっていると、同じく主成分の働きが大きく阻害されます。
油やお肉をよく使った料理とED治療薬の相性はとても悪く、アルコールと同等に働きを妨害しますので、服用は夕飯の前に済ませておく、これが成功の秘訣です。

ED治療薬で失敗しないためにも

ED治療薬で失敗しないためには、他に服用する時間帯も大事となります。
服用後、30分から60分程度でペニスの勃起力はみるみるうちに回復していきます。
その後、個人差はありますが数時間で効果が切れてしまいますので、その効果を無駄にしないためにも、服用した後は無駄な作業はせず、すぐにセックス出来るように予め準備しておきましょう。

またED治療薬の効果はただ服用するだけでは現れませんので、その点もよく注意しなければいけません。
性的な興奮と男性本人のセックスへの欲求、この2点が揃わなければ効果は発現しません。
服用しただけで、みるみるうちにペニスが自動的に勃起する事はなく、本人のコンディションがある程度、セックスに向けて整っている必要があります。
更に性的な興奮がきっかけとなって発現しますので、服用した後はパートナーの方と性的な行為を始め、ペニスが起き上がりやすいコンディションを意図的に作り出さなければいけません。
漠然と待機しているだけでは効果は出ず、そのまま待ち続けても、薬の効果が切れてしまうだけです。

ED治療薬を飲むベストな状態を整理してみましょう。
まずはアルコールの影響を避けるため、お酒は避けるべきです。
他にアルコールが含まれていそうなお菓子類もスルー推奨です。
そして食前の摂取を意識してみましょう。
飲むタイミングはセックスの時間から逆算して、60分前頃が最適となります。

それらの事項を意識して服用すれば、失敗を避ける事が出来ますので、過去に服用したにも関わらずEDの体調不良が治らなかった経験を持つ男性も、正しい服用方法で再チャレンジしてみましょう。
効果発現には一定の体力と性欲が必要ですので、本人が疲労困憊でヘトヘトな時に飲んでも効果は出ませんので、最後にその点は注意しましょう。