ED治療薬を使ってはならない人

バツサインの医師

かつてはEDは医療機関の治療でも改善が難しいとされていましたが、今では良いED治療薬が登場し、多くの人が悩みを解消できるようになっています。
ED治療薬は最初に登場したバイアグラは特に有名な存在ですが、その後も新しい薬が登場し、より体質や悩みに合わせた薬が選べるようになっています。
そして、毎日飲んでいれば症状が完治するというものではなく、あくまで飲んでいるときの作用ですので、性行為のたびに薬は必要となりますので、そのことも理解しておきましょう。

ED治療薬の入手方法も知っておきたいですが、泌尿器科や男性専用クリニックなど多くの医療機関で処方されていますので、まずは相談することがおすすめです。
ED治療薬は安全性に優れていますが、体質や疾患によっては服用ができない場合もありますので、健康状態は隠さず、正直に医師に伝えておくことが大事です。
現在何等かの治療を行っている人は特に慎重になりたいところです。
薬はどんなものでも少なからず副作用がありますし、健康状態によっては重篤な症状を引き起こす可能性もあります。
そして正しく使うことも大事ですので、医師の指導を守り、正しく服用しましょう。

効果をしっかり出したいからと多めに飲んだり、一日に何度も飲むなどの勝手な行為は副作用のリスクを高めてしまうこととなります。
そして、ED治療薬は併用禁忌もありますので、そのこともしっかり理解しておくことが大切です。
併用禁忌は飲み合わせの悪い薬のことを指します。
単体では体に良い効果を期待することができても、併用することで体に悪い影響が出てしまう可能性もあります。
現在、疾患の治療を行っており薬を利用している場合は併用禁忌となっていないかしっかり確認しておく必要があります。
それゆえ、来院する際は治療薬の名前がわかるようにしておくことも大事です。
使用で体に悪い影響を出さないためにも安全に服用できる準備はきちんと行っておきましょう。

もし併用禁忌を破って使用するとどうなるか

医療機関で、現在の体の状態や、使用している薬のことをきちんと伝えておけば、特に使用に問題がないと診断されれば処方してもらうことができます。
使用がふさわしくないと判断されたら、処方は見送られることとなります。
それゆえ、医療機関で健康状態を正しく伝えておけば重篤な症状が起こる心配はありませんが、病気を隠して入手したり、個人輸入で購入した薬を勝手な判断で使った場合は思わぬトラブルが起きてしまう可能性があります。

併用禁忌では特に心臓疾患の治療に使われているニトログリセリンは有名な存在です。
ED治療薬は血管を拡張し、血流を促進させることで、勃起が維持しやすい状態に導いてくれますが、同じように血管を拡張するタイプの薬を使うと血圧が下がりすぎてしまう可能性があります。
血圧が急激に低下すると命にかかわることもありますので、こうした薬を使っている人はED治療薬は使用しないようにしましょう。

飲みタイプだけではなく、硝酸剤が含まれた貼り薬やスプレーなども注意が必要です。
併用することで過度に血圧が下がる危険がある薬は特に気をつけたいですが、このほかにも併用することで血中濃度が上がってしまうタイプの薬もありますので、心臓疾患以外の人も注意が必要です。
併用禁忌となっている薬は意外と多くありますし、ED治療薬によっても違いがありますので、しっかり確認しておきましょう。
さらに重い肝障害のある人や健康状態から性行為がふさわしくないと判断されている人も勝手な判断でED治療薬を利用することは避けましょう。
そして過去にED治療薬を利用してアレルギー反応が起きた人、体調に大きな変化があった人も使用は慎重に行いたいところです。